部門紹介インタビュー

  • HOME
  • 部門紹介インタビュー

受付・事務

コンセプト:笑顔・安心・信頼

コンセプトについて

受付・事務スタッフは、患者さまと顔を合わせるとき、いつも「笑顔・安心・信頼」を忘れないように意識しています。患者さまの不安を少しでも和らげたい、そんな思いからこのコンセプトを作りました。初めて来た病院で緊張している方にはとくに笑顔を心掛け、病気や症状のことなどを質問されたときには少しでも不安をなくせるように、そして、ドクターではなくても私たちのことも頼りにしてくれるように。すべての行動が、その思いにつながっています。

対応で気をつけていることは?

初めて受診した方とは、まだ信頼関係が築けていない分、とくに気にかけるようにしています。やはり緊張してしまって聞かれたことに答えることしかできない方も多いので、気軽に話しかけられるような雰囲気づくりをしたり、こちらから「なにかわからないことはありますか?」とお伺いしたりしています。

実際にどのようなことを行っていますか?

院内で最初に患者さまと顔を合わせるのが私たちです。患者さまの姿が見えたら「こんにちは」と明るくお声がけし、笑顔で気持ちよくお迎えするようにしています。また、待合室に人が多くなってしまったときは、患者さまの体調が悪くなっていないかどうか、一人ひとりの顔を見ながら気を配っています。

それと基本的なことですが、会話をするときにも患者さまの顔を見て、目を合わせるようにしています。そうすると、自然と名前と顔を覚えられます。名前と顔を覚えていると、たとえば「会計の準備ができているけど○○さん呼ばれてない!」とか、気付くこともできるんです。

患者さんに言われて嬉しかったことは?

いつも開院前から並んで待っていてくださる方がいて、「クリニックなのに、毎日ここに来ると元気になるよ」と言ってもらえた時はうれしかったですね。患者さまとは、こんな信頼関係を築いていきたいです。どんなささいなことでも精一杯お応えしますので、心配なこと、気になることは、お気軽にお声がけいただけたらと思います。

看護部

コンセプト:
・患者さまやご家族の心に寄り添い、笑顔で温かい看護の提供を心がけております。
・地域に根ざしたクリニックの看護師として、皆さまにとって頼りがいのある看護を目指し努力しております。
・スタッフ同士協力し合い、よりよい治療を受けていただけるように努めております。
・骨折や捻挫、傷など さまざまなけがにも素早い対応で看護をしており、ご自宅での手当の、仕方も詳しくご指導しています。
・骨粗しょう症の患者さまへは、骨密度を増やしていただくための治療内容や日常生活・食事指導をわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。
・リウマチ・膠原病の患者さまとは、特にゆっくりと時間を取り、お話しをさせていただいておりますので、ご不安なことがありましたら何でもお聞かせください。

コンセプトについて

患者さまはさまざまな症状を抱えていて、ドクターの治療を受けるために来院されます。それを円滑に進めることが私たち看護師の役割です。普段の診療の中で、私たち看護師が大切にしていることをコンセプトとして、上に挙げさせていただきました。とにかく患者さまがつらいのは痛みだと思うので、それを緩和させるために、診療のお手伝い、患者さまのお手伝いを、笑顔でスムーズに進められるようにと、意識しています。焼津の小さな町ではありますが、「この辺の整形っていったら『おおとみ』だよね」と言ってもらえるようなクリニックを目指しています。

スムーズにサポートを行うために、どのようなことを心掛けていますか?

具体的に実践していることとしては、中待合室にいる方が、何を待っているのか、看護師同士が声を掛け合ってそれぞれが把握するようにしています。また、当院の看護師はそれぞれ整形外科、内科、リハビリなどに担当が分かれていますが、どこかの科が大変そうだったらすぐにフォローに入るなど、患者さまだけでなく、看護師同士の動きもよく見るようにしています。

対応でいちばん気を付けていることは何ですか?

診察の時に、患者さまがドクターにすべての不安や疑問を聞くことができないこともありますので、一人ひとりの様子をよく見て、私たち看護師がそれを引き出してあげられるように注意しています。また、患者さまへの対応はもちろんですが、ご家族の方も心配されているかと思うので、ご家族の方も納得して治療を進められるように、丁寧に説明することを心掛けています。

看護師からみた「おおとみリウマチ整形外科」のおすすめポイントはどこですか?

いろいろあるんですが、関節リウマチの治療が特徴的かなと思います。当院は外科的観点だけではなく内科的な観点からも診ることができ、抗リウマチ薬や生物学的製剤を使った薬物治療をおこなうことができます。ただ、関節リウマチは治療が長期になりがちで、患者さまが精神的に崩れてしまうことも多くあります。少しでも不安を解消するために、ドクター、私たち看護師もゆっくりと時間を取ってお話させていただくようにしておりますので、なんでもおっしゃっていただけたらと思います。

放射線

コンセプト:迅速・丁寧・患者さまの負担を減らす

放射線技師とは?

放射線科の技師がなにをしているのか、患者さまはよくわからないと思うのでまず説明させてください。当院で私はレントゲンやCT、マンモグラフィーの撮影、超音波検査、骨密度検査などを担当しています。整形外科では「痛みがなぜ発生しているのか」という原因を突き止めるために、とくにレントゲン撮影をすることが多いです。もちろんどれも普通のお医者さんでも行うことですが、これを専門にしている技師は撮影時にリアルタイムで診断することができます。

コンセプトについて

整形外科には、痛みを抱えている患者さんが多くいらっしゃいます。その苦痛を増やさないためにも、スムーズに撮影することが求められます。また、同じけがで撮影をするのが二度目、三度目なら、同じ場所を撮影することも大切です。同じ場所を撮影できれば、前回の撮影画像と比べやすく、わかりやすいからです。いかに迅速に、丁寧に、患者さまの負担を減らして撮影を行うかが放射線技師の務めなのです。

対応で気をつけていることは?

やはりけがをされている方やご高齢の方が多いので、透視台(レントゲンの台)の乗り降りにはとても気を使います。基本的なことですが、本当に大事なことなので、日本赤十字社の救急法講座や介護補助のセミナーに行って勉強するほど。うまく撮影することよりも大切なことなのではないかなと思います。

放射線技師がいるメリットは?

たとえば背骨が曲がっている方は、うまく伸ばすことはできないし、変に伸ばすと痛くなってしまうこともありますから、その辺りの調整は難しいと思います。たくさんの症例を撮影しているから、その調整に慣れているところですかね。動けない人のこの部分を撮影するのにはどうしたらいいのか、そういうことがすぐにわかるというのも、放射線技師の技のひとつかもしれません。

鍼灸科

コンセプト:痛みの少ない優しい治療・一人ひとりに合わせた治療・癒やす心と治す力

コンセプトについて

鍼灸科では、あまり鍼灸を知らないという人に向けて、上記のようなコンセプトを設定しました。

患者さまの中には、鍼灸治療は怖いというイメージをお持ちの方もいるかと思います。でも、鍼は髪の毛くらいの細さだから痛みは少なく、お灸は熱さの調節ができて、あとが残りにくいタイプのものもあります。また、鍼だけ、お灸だけのように、施術方法を選択することもできます。

東洋医学では「病気の原因は心の問題が大きく関与する」といわれ、特に鍼灸はストレスが引き起こす身体の不調に良い影響を与えるとされる治療です。マッサージのように、施術は気持ちよいものですので、ゆっくりとリラックスしていただきながら受けていただけたらと思います。

実際にどのようなことを行っていますか?

リハビリで治らない方を中心に施術をしています。たとえば腰の痛みなら、腰だけではなくて全身を診ながらケアをしていきますので、それまでの治療とは違った観点から施術を受けることができます。鍼治療はどんな症状にも対応できますが、特に得意としているのは、筋肉の緊張を緩和することです。

整形外科で鍼灸を取り入れるメリットは?

整形外科で鍼灸を行っているクリニックはまだまだ少ないように思います。当院では理学療法士や作業療法士もおりますので、西洋医学的観点と東洋医学的観点の両方から患者さまを診ることができます。多職種と意見交換・連携しながら、さまざまな治療法を選択できるのが当院の強みだと思います。

エコーを取り入れているメリットは?

鍼治療で怖いのが、肺の気胸といった臓器損傷などの事故のリスクです。これを回避するために、当院ではエコーを取り入れています。深部のインナーマッスルを刺激する場合などは、エコーで患部を見ながら鍼の深さを決め、正しい位置に鍼を刺せるように努めています。

副作用はある?

全身のツボを刺激することによって血のめぐりがよくなるので、施術後に眠くなったり、めまいやふらつきが起きたり、疲労感・倦怠感などを訴える方もいます。一般的に鍼灸治療は副作用がほとんどないといわれていますが、施術後はなにもしない時間をつくって、ゆっくりお過ごしいただくのがよいかと思います。

整形リハビリテーション

診る・治療する・防ぐ

コンセプトについて

整形リハビリテーションでは「しっかり診て、痛みの原因を見つける」、「一人ひとりに合った治療・リハビリテーションで、痛みを取り除く」、「元気な身体づくりをサポートする」など、どれも基本的なことですが、いつも基本に立ち返って治療にあたっています。そのうえで患者さまに笑顔で帰っていただくことをモットーに、楽しいリハビリを心掛けています。

リハビリでは実際にどんなことを行っている?

焼津市、藤枝市、島田市、吉田町はスポーツが盛んな地域であり、特にスポーツ障害のリハビリに力を入れています。また、腰痛、肩こり、ひざの痛み、神経痛、関節痛などでお困りの方も多くいらっしゃいます。

当院では、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師、日本運動器科学会認定セラピストなど、それぞれに専門性を持ったスタッフが医療福祉チームとなり、患者さまの身体の状況や動作を分析し、それに対する改善ポイントを見つけ、一人ひとりに合ったリハビリを行っています。

対応で気をつけていることは?

「リハビリ治療は痛くてつらいから嫌だ」という方もいるかもしれません。そこで、少しでもマイナスなイメージを払拭できるように、当院では楽しい雰囲気づくりを心がけています。地域柄、スポーツをしているお子さんが多いのですが、お子さんに対してもフランクに対等な立場で話せるようにコミュニケーションを取り、どんな方にも「また行きたい」と思ってもらえるように努めています。

あとは患者さまにご自分の病状を理解してからリハビリを受けていただくために、説明は丁寧に行っています。「いまはこういう段階で、こんな経緯で治療していく」というふうに、治療計画をお伝えします。患者さまに治療計画を理解してもらうことで、治療成果も変わってくると思うからです。

リハビリでエコーを取り入れるメリットは?

レントゲンで撮影できないような病気を確認し、痛みの原因を突き止めるために、エコーはよく活用しています。たとえば、肩、ひざ、足など、いろんなところに使えます。また、エコーの様子は患者さまと一緒にその場で見ることができ、患者さまも自分がどういう状態なのかを理解しやすくなるので、とても便利です。

今後力を入れていきたいのが、エコーを使用しての治療です。たとえば石灰化している箇所があれば、硬くなっている部分がエコーに白く映ります。実際に画面を見ながら注射すると、その部分が透明に変化します。実際に治療の様子が可視化できるので、患者さまの治療のモチベーションをあげられるのではと期待しています。

二次予防のためにしていることは?

けがや痛みの再発を防ぐには、継続的にトレーニングを行うことが大切です。そのため、リハビリ治療の中で、自宅でできるエクササイズ、ストレッチの指導を行っています。また、患者さまの仕事内容や日常生活を伺ったうえで、「こんな動作を意識しましょう」というのを伝えるようにしています。

OHANA通所リハビリテーション

ご利用者様、ご家族様のこれからの人生が明るく、楽しいものになるように

コンセプトについて

当院の通所リハビリには「OHANA通所リハビリテーション」という愛称をつけています。OHANAとは、ハワイ語で「家族」を意味します。日本語の「家族」の意味とは少し違っていて、OHANAは親しい友人や仲間など、血縁関係がない人たちも含んでいます。また、世代を超えて延々と続く絆や相手を思いやる精神といった意味もあるそうです。

利用者さま、そのご家族の方、利用者さまとかかわりのある方、そして私たちスタッフはOHANAであり、そのつながりを大切にして、みんなが明るく楽しく過ごせるようにという意味を込めて、この愛称を選びました。

「OHANA通所リハビリテーション」の特徴は?

理学療法士と作業療法士による個別機能訓練に加えて、鍼灸師による鍼灸施術を取り入れています。西洋医学と東洋医学の両方の視点から、その日の体調や状態に合わせた治療法を考えて提供するという、オーダーメード型のリハビリサービスが提供できる施設です。

また、短時間型というのも特徴のひとつです。1回の利用時間は90分となっており、この間レクリエーションや食事の時間はありません。そのため、よりリハビリプログラムに専念したいという方におすすめです。

実際にどのようなことを行っている?

筋力や体力の低下、関節の痛みや動きづらさなどを改善し、動作が楽になるように、鍼灸やリンパマッサージも取り入れながらリハビリを行います。理学療法士や作業療法士、鍼灸師などによるこうした徒手的な施術はもちろん、その方の状態に合わせて物理療法機器を併用しています。低周波治療器やウォーターベッド、マイクロ波治療器、ホットパック治療器などの物理療法機器は整形外科でよく用いられるもので、リハビリ施設に置いてあるのは珍しく、これもOHANAの特徴かなと思います。

ドクターとはどんなふうに連携を取っている?

院長がいる診察室は同じ建物内にあり、ご利用時間には院長もいますので、連携がとりやすいのがメリットだと思います。リハビリに来た後に不安なことがあれば、帰りに先生の診察を受けることもできるので、便利な環境にあると思います。 逆に、整形外科などの診察を受けている患者さまが見学に来ていただくこともできます。医療から介護への移行もスムーズに行えるようにスタッフを配置していますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

デイサービス

コンセプト:
「いつまでも元気に暮らそう~機能訓練~」
「利用者様同士でワイワイ仲良く~脳トレ・レクリエーション~」
「心も体も温まる~入浴・足浴~」

コンセプトについて

デイサービスでは、「いつまでも元気に暮らそう」「利用者さま同士でワイワイ仲良く」「心も体も温まる」をコンセプトに掲げ、サービスを提供しています。そのなかでも大切にしているのは、笑顔があふれる雰囲気づくりです。毎日、利用者さま・スタッフの笑顔が見られるのは、当施設で誇りにできるポイントだと思います。楽しい、気持ちいい、うれしいなど、幸せな気持ちを感じていただけるように工夫しながら、スタッフ一人ひとりが、利用者さまと向き合っています。

対応で気をつけていることは?

デイサービスは、当院でいちばん転倒のリスクが高い方が多くいらっしゃる分野だと思いますので、介助についてはとても気を使っています。移動するときには、ほぼマンツーマンで対応し、それ以外の時間もスタッフの目が行き届くように配慮し、なにかあったらすぐ手を差し伸べられるような環境を整えています。

この施設のデイサービスの特徴は?

理学療法士、作業療法士が、利用者さま一人ひとりに合ったプログラムを考え、それをもとに徒手的なマッサージ、生活上必要な運動・動作訓練などを行います。とくに機能訓練を行うことに主眼をおいているため、動作訓練は個別に行い、必要に応じて、電気治療や温熱治療、ウォーターベッドといった医療機器も使っています。リハビリに特化したデイサービスと捉えていただけるとわかりやすいかと思います。

機能訓練のほかにはどんなことを行っている?

認知機能の低下を防ぐ取り組みも行っています。レクリエーションでは間違い探しや計算問題、塗り絵、トランプ、しりとりなどをおこなって、利用者さま同士が交流を持ちながら楽しく過ごしていただけるように工夫しています。

また、入浴のサービスもございます。入浴の際には、介護スタッフが衣類の着脱から入浴介助まで、マンツーマンで対応いたします。施設の横には足浴場もありますので、みんなで会話をしながら、リラックスしてお過ごしいただければと思います。

足浴場を取り入れた理由は?

足湯があるデイサービス施設というのも、ユニークですよね。当施設のウリといえるポイントだと思います。取り入れた理由としては、デイサービスにいらっしゃる方は、なかなか外出する機会が少ないですし、デイサービスも施設内なので、なにか施設外で行える活動があったらいいなと思ったのがきっかけです。気持ちよくリフレッシュできるだけでなく、外の風を感じながらゆったり日なたぼっこをして過ごせる。この時間が好きと言ってくださる方も多く、本当におすすめです。

訪問リハビリテーション

家族のように寄り添いながらサービスの提供を約束します

コンセプトについて

当院の訪問リハビリテーションも「OHANA通所リハビリテーション」と同じく、ハワイ語で家族を意味するOHANAを愛称にしています。専任制で、同じスタッフがマンツーマンでリハビリをおこないますので、物理的にも心理的にも近い距離感で、利用者さまの気持ちに添った温かみのあるサービスを提供していきたいと考えています。

どんなサービスを行っていますか?

作業療法士もしくは理学療法士がご自宅にお伺いし、1回につき40分、利用者さまの体調に合わせてさまざまなリハビリを行います。具体的には、外出頻度が減っている方には、歩行練習や関節の可動域を広げる練習、普段横になって過ごすことが多い方には、寝返り、起き上がり、立ち上がりの練習、呼吸をしやすくするリハビリなどです。

また、「ここには手すりを取り付けたほうがいい」「杖から歩行器に変えたほうがいい」といった、介護保険を利用して在宅改修や特定福祉用具の購入を行うときのアドバイスも可能です。一人ひとりの利用者さまの状況をしっかりと把握し、利用者さま、ご家族の方とともに考えながら、ご自宅でより快適に過ごすためのお手伝いをいたします。

「OHANA訪問リハビリテーションの特徴」は?

作業療法士もしくは理学療法士がご自宅にお伺いし、1回につき40分、利用者さまの体調に合わせてさまざまなリハビリを行います。具体的には、外出頻度が減っている方には、歩行練習や関節の可動域を広げる練習、普段横になって過ごすことが多い方には、寝返り、起き上がり、立ち上がりの練習、呼吸をしやすくするリハビリなどです。

無料体験ができますので、移動が難しい、もうちょっと運動したい、通所リハビリはグループレッスンだから見られるのが恥ずかしいという方も、ぜひ一度OHANA訪問リハビリテーションを試していただければと思います。