詳しくはお気軽にお電話ください。054-656-2221

〒425-0068 焼津市中新田1-1

焼津市のおおとみリウマチ整形外科|リウマチ、リハビリテーション、整形外科、膠原病(こうげんびょう)内科、アンチエイジング外来に対応!藤枝市、島田市の方もお気軽にお越しください。

整形外科治療について

通所訪問リハ

おおとみスタッフのブログ

スタッフ募集

OHANA通所リハ 空き状況

Mobile Site QR Code

上記QRコードよりモバイル専用
ページがご覧いただけます。

腰痛、肩こりについて

腰痛(ぎっくり腰)について…
腰や背中に疲れが溜まった状態で無理に重い物を持ったときなど、そうでなくともクシャミをしただけでもぎっくり腰は起こります。
脊柱管狭窄症、骨粗鬆症、椎間板ヘルニアといった病気からおこります。
ぎっくり腰というと、腰(こし)の異常のようにも聞こえますが、実際は仙腸関節や股関節の機能異常からであるとくることもあります。
当院のリハビリでは仙腸関節と股関節に遊びを作ることで、背中の筋肉(脊柱起立筋)や腹部の筋肉の緊張が緩まり、顕著な症状改善がみられます。
また、医師によるブロック療法を受けることで、その日、その場で劇的な症状緩和が体験できます。

肩こり(首のいたみ)について…
肩こりの原因には運動不足または過度の運動、不良姿勢、働き過ぎ、ストレス、むちうち、太りすぎetcいろいろあります。肩こりは辛いのがわかっていても、そのまま我慢してしまいがちです。
ただ、そのままにしておくとストレスの原因にもなりますし、ストレスが原因で集中力の減退・疲れやすい体質になりやすく・・・、と体にとって良いことがありません。
加齢現象である頚椎症や肩関節周囲炎という病気が原因で、肩こりを引き起こしているケースもありますから、注意が必要です。
肩こりの原因は人それぞれですので、タイプを見極めて最も適切な治療をほどこし、すみやかに完治するよう努めています。当院の新型低周波と高圧酸素治療法は肩こりにおすすめです。

むちうちについて…
むちうち(頚椎捻挫)とは急激な外力がくわわった際に頚椎損傷を起こした状態の事を言い、交通事故等の追突などによく起こります。しかし、捻挫と言いましてもこの疾患は首が痛い・気分が悪い・頭痛がするなどの後遺症が伴い易い為しっかりとした治療が必要になってきます。
この病態も実際には専門家によるリハビリ療法によって首だけにとらわれず腰や仙腸関節および股関節に遊びを作ることで、背中の筋肉(脊柱起立筋といいます)や腹部の筋肉の緊張が緩まり、顕著な症状改善がみられます。

PageTopへ戻る

スポーツ外傷について

最近では、スポーツをする人が多く、様々な年齢層の方が楽しんでいらっしゃいます。
それに伴い、ケガや障害も増えています。早期に治療すれば大事に至ることもなく、負傷した部位の回復も早くスポーツに復帰することができますが、我慢したり自己診断にて、かえって症状を悪化させてしまったりすることが非常に多くあります。
慢性的障害になってしまい、選手生命を縮めてしまうケースが増えています。

スポーツ外傷の治療について…
スポーツドクターである整形外科医加藤が、捻挫や打撲から骨折など症状にあわせて的確に措置をとり、またリハビリが必要な場合には、スポーツトレーナー、理学療法士、作業療法士と完治までの治療プランを考え、出来る限り怪我をする前と同じパフォーマンスができるようにしていきます。また、積極的に高圧酸素療法をおこない筋肉回復を得ることで早期競技復帰を目指します。

PageTopへ戻る

骨折打撲捻挫について

捻挫について…
関節内外の靭帯や筋、腱、関節包等の軟部組織の損傷を起こしたものを「捻挫」といいます。関節に力が加わり、骨折も脱臼も起きなかったケガのことで、多くの場合、靭帯損傷をともなっています。
捻挫だからと油断していると、クセになり何度も同じ箇所を捻挫してしまう事もありますので、無理をせずに来院する事をお勧めします。

打撲について…
打撲とは体を強くぶつけたりして箇所を傷めたものです。診断するにあたり骨折をしていないかをレントゲン撮影で判断する必要があります。
治療として まずは安静にして部位の悪化を防ぎ、すぐに氷などで冷やすことをお勧めします。

骨折について…
転んだり、スポーツによるケガにより骨折をすることはあります。
しかし、レントゲン撮影をしないで判断されるケースや整形外科専門医による的確な治療がなされていない場合、骨折が治りにくくなってしまい、関節に障害を残すことがあります。
治療として、ギプスや装具をつけたりすることで治ります。
もし、骨折してから時期がたってもいたみが残る場合はリハビリ治療をおこなうことで、怪我をする前の状態に近づけたり、再発しにくい状態をつくることもできます。
ちょっとした怪我でもどうぞお気軽にご相談ください。

脱臼について…
関節がはずれて、正常な位置からずれてしまった状態です。怪我したあとに関節がうごかない場合、脱臼を疑います。素人が下手に戻そうとすると余計に悪化してしまう場合があります。
脱臼した場合、固定し動かさないようにして来院することをお勧めします。

PageTopへ戻る

超音波骨折治療

■超音波骨折治療法とは?
骨折部の治癒を促進する「超音波骨折治療法」をご存知ですか?
「超音波骨折治療法」は、出力の弱い超音波をパルス状(断続的)に照射することで、骨折部の治癒を促進するという新しい技術です。

現在は、一定の期間を経ても骨折が治らない場合や新鮮骨折(骨折したばかり)の方にも、症状により健康保険での使用が可能です。骨折後早期に使用することにより、骨折の治癒(骨癒合)が30~40%早まるという報告があります。実際に多数の骨折患者さんに使用し、骨折の早期治癒、早期社会復帰に役立っております。

■治療方法
超音波はほとんど刺激がないため、痛くも痒くもありません。これを約20分間行います。
可能であれば連日、少なくとも週に2回以上は使用して頂きます。1~2週間に一度レントゲン撮影を行い、骨癒合確認後、 超音波骨刺激は中止します。通常1~3ヶ月程度(骨折の部位により異なります)行います。

また、当院では骨折早期より、リハビリテーションも平行して行い、合併症、後遺症の軽減を図っております。この治療方法についての詳細は、お気軽に当院にご相談ください。

PageTopへ戻る